クラウド基盤

「ミッションクリティカル」に応える高い信頼性が、ここに

金融業界の厳しい要求に応える運用実績、さらにNTTデータの持つANSERをはじめとした共用利用サービスで培った技術と経験をもとに、高いセキュリティと個別案件対応を可能とする新たなクラウド基盤です。

提供サービス

OpenCanvasが実現するサービスとは

NTTデータのノウハウや経験をもとに、プライベートクラウドの利点であるさまざまな個別要件への対応と、プラットフォームやネットワークを共用できるパブリッククラウドのコストパフォーマンスをあわせて提供。さらにOpenCanvas上でのシステム開発もサポートします。

セキュリティ

安全性は金融機関の基準をもクリア

一般的なIaaSでは、低コストとのトレードオフにより、リージョンの指定、監査、データ消去証明などに対応することができません。OpenCanvasでは、官公庁や金融機関での要請に対応できる柔軟かつ信頼度の高い運用を実現。また複数名体制によるオペレーションにより内部犯罪防止のスキームも確立しています。

運用保守

24時間365日の保守サービスをご提供

IaaSでシステムを運用する場合、課題となるのが利用者さまによる運用負荷です。OpenCanvasは、これまでNTTデータが培ってきたさまざまなシステム保守運用の経験を活用、お客さまのご要望に応じサポートや運用代行サービスもご用意。さらにOSやミドルウェアのバージョンアップ可否にも柔軟に対応いたします。

ネットワーク接続

広範なネットワークとの接続を標準搭載

OpenCanvasは、インターネットや他社のクラウドサービスはもちろん、金融機関や各業界、官公庁や自治体との閉域ネットワークとのセキュアな接続を標準で用意しています。個別案件ごとに新たなネットワークを設定する必要はなく、あらゆるシステムでスピーディかつスムーズなサービスインが可能です。

サービス詳細

自在なカスタマイズでニーズに対応

OpenCanvasは、クラウドサービスでありながら、お客さまのご要望にお応えできる柔軟性が特徴です。仮想サーバの構成からバックアップの方法、導入や運用などの人的リソースの提供まで、さまざまなメニューで安定したシステム稼働をお約束いたします。

仮想サーバ
CPUやメモリなどのハードウェア構成、稼働する仮想サーバのOS、ゲストOSの選定まで、お客さまシステムにあわせジャストサイズでリーズナブルな価格でのご提供が可能です。
ストレージ
金融機関の基準にも適合する高品位なストレージメニューをご提供。システムやデータの特性にあわせたバックアップメニューもご用意します。東西のリージョンでBCPも万全です。
ネットワーク
インターネット接続、他社クラウドや閉域ネットワークとの接続を標準で用意。WAFやIPS、DDoS対策などで、ネットワーク経由での攻撃や脅威に対応したセキュアな運用が可能です。
導入支援
金融機関、メーカー、官公庁や自治体などのシステムに精通したエンジニアがお客さまをサポート。新規システム立ち上げ、オンプレミスからの移設、ともにご支援いたします。
運用サポート
NTTデータの運用ノウハウと実績を生かしたサービスをご提供。バブリッククラウドでは実現が困難な24時間365日の運用、有人監視などで、お客さまの負担を軽減します。
個別・特殊要件
への対応
パブリッククラウドでは実現できないお客さまによる機器持ち込み、利用機器リストの開示、銀行法に基づく検査への対応、専用区画でのサービスご提供も可能です。

関連ソリューション

多彩なソリューションとの連携でクラウド × DXを加速

OpenCanvasはNTTデータが提供するソリューションとの親和性を十分に確保。
これらのソリューションとあわせてご活用いただくことで、サービスの可用性、柔軟性をさらに拡大、新たな価値の創出や生産性の向上に寄与します。

デジタルコミュニティ
プラットフォーム

導入支援から運用まで、
公共機関のデジタル化をトータルサポート

詳細
COMING SOON

外部認証取得状況

第三者機関により高い品質を確認

OpenCanvasは、クラウドサービスに関する情報セキュリティ管理策の国際標準「ISO27017」、および情報セキュリティマネジメントシステム「ISO/IEC27001」認証をともに取得。その他のクラウド関連の認証や監査にも対応済みで、すぐれたセキュリティを保証します。

※1ISO27017:標準のガイダンスを補完するクラウド固有の情報セキュリティ管理の実装に関する実施規範

※2SOC2:セキュリティ、可用性、ショリノイテグリティ、機密性、プライバシーの領域に関する内部統制報告。FISCの安全対策基準やAPI接続先チャンネルリストにおいて、クラウド事業者に対する監査として、SOC2報告書の確認が推奨されている

導入事例

あらゆるネットワークをセキュアに接続し、これまでにないプラットフォームとしてご活用いただけるOpenCanvasは、すでに多くの分野で活用が進んでいます。そうした事例のうち、一部をご案内いたします。

全銀債権ネットワークによる実証実験

2017年、OpenCanvasが一般社団法人全国銀行協会の「ブロックチェーン連携プラットフォーム」の実証実験環境のひとつとして採用され、株式会社全銀電子債権ネットワークによる「でんさいネットシステム」(同社が取り扱う電子記録債権の発生・譲渡等を記録原簿に記録するためのシステム)におけるブロックチェーン技術の利用可能性にかかわる実験が進められました。この実証実験において、NTTデータはOpenCanvas上にブロックチェーン基盤を構築し、実証実験環境を提供。全銀電子債権ネットワークはこの基板上に電子記録債権発生や譲渡等、サービスの土台となる機能を備えた試作アプリケーションを構築したのち、基本的な取引を再現し、技術的な評価、検証、課題の抽出などを行いました。

JSOLによる企業の業況変化検知システム

株式会社三井住友銀行は株式会社JSOLとAI活用による「企業の業況変化検知システム」を共同開発し、OpenCanvas上のサービスとして提供しています。従来のシステムでは取引先企業の業況変化は決算書等の財務データを用いており、期中の業況変化をタイムリーに予測することは容易ではありませんでした。本システムではAIが取引先企業の口座情報の動きを分析し、これまでよりも早く業況変化を検知することが可能になることが、実証実験・試行により確認されております。またOpenCanvasを使ったクラウドサービスとして提供することにより、金融機関を中心とした導入企業における費用の低減も実現しています。

預貯金等照会業務の電子化サービス「pipitLINQ」

行政機関では、税公金負担や生活保護給付の公正性確保のため、金融機関に対し預貯金状況の調査を行っています。しかしこの調査依頼書は行政機関ごとに異なる様式で、かつ書面で郵送されるケースが大半となっており、行政機関においては郵送コストが、金融機関においては調査にかかる労力が課題となっていました。こうした課題の解決に向け、NTTデータが提供するOpenCanvas上のサービスが、「pipitLINQ」です。同サービスでは、加入する行政機関と金融機関の間で同一のフォーマットの電子データで預貯金等の照会が可能となり、コストや人的負担を大きく軽減。回答までのタイムラグの大幅に削減しました。また信頼性の高い既存の仕組みを最大限活用することで、セキュアかつ低コストを実現しています。